平岩医院

愛知県碧南市 内科・循環器内科・糖尿病内科・眼科

院長 平岩堅太郎 / 副院長 平岩紀子

やってみよう

BМI

BMI値と標準体重計算/BMIと病気の出現率/あなたの1日に必要なカロリー計算

日本肥満学会による肥満の判定基準(1999.10新基準)
[判 定] や せ 普 通 肥満(1度) 肥満(2度) 肥満(3度) 肥満(4度)
[BMI] 18.5未満 18.5〜25 25〜30 30〜35 35〜40 40以上
[肥満度] -15%未満 -15%〜15% 15%以上
BMI法(ボディ・マス・インデックス)とは

BMI=体重kg /(身長m)2で計算される指数による肥満度判定の方法です。
この指数は22を標準とし、18.5未満ではやせすぎ、25.0以上では肥満となります。

肥満度の計算

肥満度%=(実測体重-標準体重)÷標準体重×100
日本肥満学会では、標準体重kg[=(身長m)2×22]をもとに算出した肥満度±15%の範囲を普通としています。-15%未満でやせすぎ、15%以上で肥満になります。


あなたの1日に必要なカロリー計算

性別、身長、体重に合ったカロリー計算ができます

生活活動指数(χ)
生活活動強度1 軽い:0.35
一般事務、管理職、技術者、幼児のいない主婦
生活活動強度2 やや軽い:0.50
製造・加工業、サービス業、販売員、幼児のいる主婦
生活活動強度3 やや重い:0.75
農業、漁業、建設作業員
生活活動強度4 重い:1.00
農繁期の農作業、林業、スポーツ選手
Copyright(C) 2015
HIRAIWA CLINIC. All rights reserved.